インプラントと手術

インプラントは、歯科医で行う治療とは異質です。
手術扱いになることから、普通の治療とは違うことを心得ることが必要です。
歯を失った場合は、差し歯や入れ歯で対処することができますが、あえてインプラントとする場合は、歯科医の説明をきちんと受けてください。

インプラントとは、抜けてしまった歯の部分の骨にティクスチャーという名のネジを埋め込みます。
それを歯の根元とし、土台にすることで、その上に人口の歯を装着します。
インプラントをする部分には自分の歯や歯の根元などは全くなく、ネジが土台になります。

手術と言うのは、そのネジを埋め込むことを言いますが、出来上がった時には、普通の歯になります。
体で言うと、ひざの曲げ伸ばしに必要なボルトを埋め込むことがありますが、それと同じことです。

ですから、入れ歯を装着するだけのものではなく、手術そのものを必要として、インプラント後のメンテナンスも必要になります。
日本ではあまり歴史の無い手術であり、改良の余地があるとされています。
これからもっと良い方法も出てくるかもしれませんが、新しい人工歯の形として定着するとされています。

インプラントに関しては、治療の希望をいう場合、医師からの説明をきちんと受け、メリットとデメリットも理解した上で、納得することが必要です。
簡単に行うことができないのですが、治療後はきちんとメンテナンスを行うことが必要ですので、最後までメンテナンスをする事ができるかどうかも確認することです。